いざという時に知っておくべきペット火葬に関する知識をわかりやすく解説

ペット火葬の知識として、ペットを飼い主がしのぐためにいろいろなサービスが展開されています。
例えば仮装を実施したり掃除までサポートしたり納骨までといろいろなものがあるのです。
さらに火葬後の納骨を使ったに行くなサービスを展開しており、飼い主の心の中にいつまでも残るような工夫がされています。
隣が来るな価格で実践するためには、次回の協力を得て仮装するサービスもあるので調べておくことがポイントとなるのです。

いざという時に知っておくべきペット火葬に関する知識をわかりやすく解説

ペット火葬の知識として、飼い主の思いが実現するためのいろいろなサービスが世の中に実施されています。
例えば仮想専用車により自宅で簡単に執り行うことができたり、葬儀や納骨のセットプランも実施されています。
費用をリーズナブルにするためには、自治体が仮想のサポートをしてくれるため火葬のみの目的も実現するのです。
ユニークなサービスとしては遺骨を身に付けて置いたり、ペット火葬から得られる記念品を制作したりするといったサービスを展開するので飼い主の要望を実現してもらえるのです。

ペット火葬は業者にいつ連絡するか

ペットが亡くなったとき、火葬業者にいつ連絡するかは大いに迷うところです。
では、業者側から見るとどのタイミングで連絡をもらえると良いのでしょう。
実はこれは、「ペットが危篤になった時」が最も好ましいと言われています。
理由はペット火葬を行うにあたって、業者は飼い主と火葬の方法や予算、見積もりの提示を行わなくてはならないからです。
取り決めは数多く存在します。
だからこそ、早い内から相談しておきたいものです。
ペット火葬は、実際にペットが亡くなる前に相談することで費用や火葬方法をしっかり確認することが出来ます。
加えて、業者そのものを選ぶことも大変という方も存在する可能性があるものです。
ペット火葬業者はインターネットで探すことも出来ますが、かかりつけの獣医師さんや周りのペット仲間に相談するという方法もあります。
どのような火葬を執り行いたいか、大まかな予算はどのくらいを考えているかを相談することで、次第にプランが決まっていくでしょう。

ペット火葬のさまざまある方法を解説

ペット火葬は大きく分けて合同、個別一任、個別立会の3種類の方法があります。
合同は一度に何体かのご遺体をお弔いするものです。
ご遺骨は一部または全てが合同の霊園に納骨され、骨上げは行われません。
そのため、合同は個別火葬に比べて安価に済ませられます。
次に個別一任は、一体ごとに執り行いますが、ペット霊園に一任するものです。
当日のご家族での立会いや骨上げはなく、ご火葬後のペットのご遺骨は後日ご家族がペット霊園までお迎えに行くか、ペット霊園からご自宅にお渡しに行くという形をとります。
ご遺骨は残したいけど、火葬に立ち会うのに抵抗があるという方におすすめです。
最後の個別立会は、一体ごとに、かつご家族がお立合いのもとでお弔いを執り行うものです。
ご火葬のあとは骨上げ・返骨があり、最も人間と近い形です。
手厚く弔ってあげたい、自らが骨を上げてあげたいという方におすすめです。
どの方法が正解ということはありませんが、ご家族が納得する形でペット火葬を行っていただきたいです。

ペット火葬の種類別のメリットを解説

ひとくちにペット火葬と言っても、実は内容が異なります。
代表的なペット火葬とそのメリットを知って、万が一のときに備えることが大切です。
「合同火葬」は費用が安く、比較的早く済ませることが出来るという特徴があります。
より心を込めて送り出したいという方には、「立会い火葬」がおすすめです。
この方法は、火葬場を自分のペットだけのために仕えることが出来る点にあります。
確実に遺骨を返却してもらえる点も、大きなメリットです。
ペット火葬の実際にご遺体が燃える姿がつらいのであれば、「個別火葬」を行うことも出来ます。
ペット火葬業者のスタッフに遺体を預け、スタッフが最後には遺骨を運んでくれるサービスです。
あえて難しい部分を指摘するのであれば、ペットへの対応を良いものにするに従って、費用が大きくなるという点でしょう。
ペットとの過ごし方や、最後のお別れの仕方さえも人それぞれ異なるものです。
今の自分が出来る範囲で弔うことが、最良の供養になります。

ペット火葬にかかる時間はどのくらいか

ペット火葬にかかる時間は、「出棺し火葬が行われ遺骨が戻ってくるまで」の時間です。
実はこれは、ペット火葬の火力だけの問題ではありません。
ペットの種類や体長、体重によって異なります。
ハムスターなどの小動物であればそれほど時を必要とはせず、30分程度で済むことがほとんどです。
7キログラムから15キログラムまでの犬となると、60分か70分かかります。
つまり、大型であればあるほど余裕を持ってペット火葬を行うべきなのです。
最大の大きさは、おおよそ25キロ以上の生き物としてペット火葬されます。
その場合、120分から180分かかることも珍しくありません。
これに加えてさらに葬儀セレモニーや供養・納骨の儀を執り行うのであれば、丸一日必要となる可能性があります。
あらかじめ業者さんに遺体の重量と状態を伝え、大まかなスケジュールを確認しておくことが非常に大切なことです。
遺骨が出来上がるまでは、業者の保有する霊園内の施設などで待機することになります。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基礎知識

ペット火葬の知識として、ペットを飼い主がしのぐためにいろいろなサービスが展開されています。例えば仮装を実施したり掃除までサポートしたり納骨までといろいろなものがあるのです。さらに火葬後の納骨を使ったに行くなサービスを展開しており、飼い主の心の中にいつまでも残るような工夫がされています。隣が来るな価格で実践するためには、次回の協力を得て仮装するサービスもあるので調べておくことがポイントとなるのです。

Search